空中曲芸

お金を借りるならどこがいいか、迷ってますか?

  • プロミス

    土日・深夜にも借りたい人へ
    土日祝日や、平日14時過ぎでもネット申し込みしておけば、審査通過後に自動契約機で借りられます。無人契約機は夜まで営業。日中忙しい方にはぴったりですね。

  • モビット

    職場バレ、家族バレしたくない人なら迷わずモビット
    原則的に、郵便物でのやりとりがなく、電話連絡もないので、周囲の人に、借り入れをちょっとでも気づかれたくないという方には、おすすめ。

借りればLABにようこそ!
お金を借りたいんだけど、結局どこから借りたらいいの?
金利は?いくら借りられるの?そもそも私って借りる資格あるの?
など、「審査は最短30分」というCMがテレビで見かけるにもかかわらず、意外と借入までの道のりは遠いものです。 例えば、専業主婦の方が消費者金融から借りようとしても、それは無理です。
また、銀行系のカードローンから借りたいと思っても、審査が厳しくて通らない場合もあります。
そもそも借りられないところから、借りようとするのは時間も労力も無駄ですからね。
自分に合ったサービスを最初から受けられるというのがベストになります。


では、自分にあったサービスって何?っていう話になりますね。
それは、あなたがキャッシングやカードローンに何を求めるかによって変わってきます。
例えば、有名で安心できるところから借りたいのか、家の近くにATMの近くにあるところから借りたいとか。返済が便利なところがいいとか。
そういった違いを吟味する必要はありますね。
とにかくお急ぎという方は別として、家から便利というだけでお金を借りてしまうと、別のところから借りていれば、1ヶ月は無利息だったのに。という残念な結果になってしまいかねません。
なので、「どこから借りればいいですか?」と悩んでいる方は、急いでいる中にも慎重に比較するという姿勢が必要になってきます。

迷ったあげく、どこからも借りられないとどうしよう

はい。現実には可能性はあります。
審査が通るために、まず、共通して言えることは20歳以上であること。これは絶対です。
今年中に二十歳になる、というのは現時点ではNGです。
その次に「安定した収入があること」です。
これはあなたが名前を知っているキャッシングサービス、金融業者であれば、共通して言えることです。
逆に言うと、コンスタントに収入源があって、今、どこからも借入をしていない状態であれば、どこからもお金を借りられないという確率は低くなります。
そうなれば、あとは、あなたが早く借りたいのか、ちょっとでも金利を押さえて借りたいのか、週末の夜でも現金の出し入れができるところから借りたいのか、条件にあったところに借入申込をするだけになってきます。

お金を借りる上で重要な「安定した収入」ってどれくらいを指すの?

ちょっとやっかいなのは、「安定した収入」というのを私達一般人は、具体的に表すことができないところです。
本人が安定していると思っていても、お金を貸す側からすれば、それは安定しているとは言えない、と見なされるかもしれません。
各キャッシングサービスは、審査の基準を公表していません。もし審査に落ちた際も、「なぜ落ちたのですか?」と尋ねても教えてくれません。
それは公表する義務はないからですね。
例えば、アルバイト勤務で、半年給料を15万ずつもらっていて、今後もそれが続くとして、その状態が「安定してる」と金融機関が思うかどうかは、私達では判断できません。
例えば、公務員としてもう何年も働いているとか、誰もが知っている有名企業に正社員として勤務しているなら話は別です。
でも、とりあえずの生活費に困ってないけど、雨が降ると仕事が休みになる建設業の人とか、一応の最低給与は保証されてるけど、残りは歩合で働いてるタクシー運転手の人の収入が安定してるかどうかは、素人では判断つきません。

自分では借りれるかどうかわからない。困ったときはWEB診断へ

「私は借りられるでしょうか?」というような質問を、ヤフー知恵袋や教えてgooのような質問サイトに投稿している人もいます。
誰かに聞きたいという気持ちはわかりますが、回答している人がどんな人かわかりません。
信用するに足りるかどうかは疑問ですよね。
そういう、匿名サイトに不安を委ねるよりも、まずは、各キャッシングサービスの公式サイトでお試し診断を受けてみることをオススメします。
「3秒で結果表示」「1秒診断」など紹介しているアレですね。
本当にお試し診断なので、実際の審査とは違います。
なので、身分証明書などを送って、本審査を受けた際には審査落ちしてしまうという場合もありますが、逆に、簡易診断で落ちる人が、現実の借入審査で通ることは絶対にありません。
なので、現実を直視するという意味で、先にサイト上でお試し診断を受けてみてください。
質問項目が多いところ、少ないところ、サービスによってまちまちです。
質問項目が多いと、途中で面倒くさくなりますが、質問項目が多いということは、それだけ実際の貸出審査に則したものであると言えるので、お金を借りたいという方は一度試してみてください。

このページの先頭へ